犬の糞お断り!漢字検定2級だけど反射的に漢字を読んでからがっかりしてしまう

スポンサーリンク

もうがっかりです

『犬の糞お断り』
『犬の糞は持ち帰りましょう』
『犬の糞は飼い主が始末してください』 

よく見る看板の文言です

最近の都会ではずいぶん減ったような気もしますが

我が子は2歳の時

実と間違えて拾いました

普通に通り道に落ちてたの
アレ臭い取れないからね…
バ飼い主、ゆるさん

それにしても…

改めて、なんて下品な言いようでしょう

「犬のクソのシマツ」

ですって?

もう
反射的に、そう読んでしまった自分にがっかり

一般的には『犬のフン』ですよね

もちろん知っていますとも
「フン」。音読み

こちとら漢検2級ですよ

なのに、その看板が目に入った瞬間
反射的に『クソ』って読んじゃったの

で、この看板下品だな。と思ってるの

『鳩の糞注意』の看板ですら

鳩のクソって…

いやいや、鳩って言ったら、フンでしょ

むしろ、鳩って書いてフンと読むくらいフンでしょ!

ん。ちょっと待って
そもそも、「フン」って読まなきゃダメな法律でもあるわけ?
なんだか、クソって勝手に読んだ私が下品みたいになってない?
別にクソでも悪くないわよね?

いや
それ以前に

そこはカタカナで書くもんでしょーが!

イラストで表現する手もあった

それからあとは『お札』

ほおら
まずは『おふだ』って読んじゃいますよ

最近はスーパーのレジも自動精算機に変わって
便利になりました

お年寄りの方々は操作に戸惑って
その間に、精算機待ちでレジが止まっちゃったりなんかして
でも店員さんがなかなか気づいてくれなくて
結局、行列ができてしまう
効率がよくて親切なシステムだと感心しています

私たちなんかは
どこにお金を入れればいいか、その辺の説明を見れば何となくわかるはずなんですけど

『お札は一枚ずつ入れてください』

の案内をみて

一瞬「なんのこと?」と手を止めてしまうことがあるわけです。マジ

「お札の写真は撮るな!」と親に叱られたので手描き

時代は令和

ぜひとも
ペットを飼っている方々のマナーの向上を願んで止みません

おしまい

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする