どんぐり銀行でどんぐり貯金2019!幼い我が子とのあたたかい思い出がまた一つ増えた、はず

スポンサーリンク

まるさんごです
「どんぐり銀行」に「どんぐり貯金」して参りました

どんぐり共和国で口座開設から2年…

一度入金。いや
入ぐりしたっきり、引き出しに眠っていた
どんぐり銀行通帳を握り締め
横浜のららぽーとにある『どんぐり共和国』まで

どんぐり銀行とは
どんぐりを算出する樹木を増やす目的で、銀行の仕組みを模して、利用者が各種の どんぐりを集め、翌年、苗木として受け取り植える、子供らが参加しやすい緑化運動のこと。

Wikipedia「どんぐり銀行」より

ここで再度どんぐり貯金の流れを
超簡単にお知らせします

①どんぐりを拾い集めてくる

[NG]動物や虫の餌にもなるので、根こそぎ取らない
[NG]気になってるのをもぎ取らない

ちなみに4歳児のいるウチでは
部屋のあちらこちらにどんぐりが落ちています
ベッドの中で見つけたこともありました
こわいです

②生きてるどんぐりを選別する

・まず目視で、虫食い、カビ、割れたどんぐりを除外
その後
・洗面器などに水をはり、どんぐりを投入
[×]浮かんで来たもの
[◯]下に沈んでるもの
で選別します
浮かんできたものは死んでます

③数を数える

④袋に入れ、どんぐりの数を記入

⑤お近くのどんぐり銀行
または、どんぐり銀行本店へ郵送する

おしまい!
カンタン!

2年ぶりに得た個人的に新しい情報は

・種類で分けなくていい
・1年中受け付けている

ということでした

2年前も種類分けしてなかったけど、大丈夫だったかな

スポンサーリンク

どんぐりたちのその後

預けられたどんぐりたちは
苗木に育てられ
年に一度決まった時期に「苗木」を「払い戻し」をしてくれるんですって

100どんぐりにつき1苗。1人2苗まで

苗木を植える環境が近くにない場合
例えば学校に植えたり
よくわかりませんが、近所の山の持ち主に許可をもらって上に行くという手もあるそうです

もちろん、私は迷わず

代理植樹をお願いします!

2019年の払い戻しはもう終わっちゃってるので
来年やってみようと思います
そしたらまた報告させていただきます

どんぐり貯金は子どもに良い

今日も暖かいですね。11月だってのに
温暖化ですよ
やばいですよ。参りましたよ

こうなってくると
マジで大掛かりな対策は国単位で動いてもらうしかないのですが
【どんぐりを集めて、木を育てる】
くらいなら
私たちでも簡単に始められる環境活動なのです

とか言っちゃって
そんな難しい話は抜きにして

「どんぐりをいっぱい拾った!」
「お水につけて綺麗にして、トトロのお店に持っていった」
「これで森が木でいっぱいになるんだって!」
的な感情が
幼心に残り
小さい頃のあたたかい思い出( ´ ▽ ` )
になれば良いなぁなんて思うのです

まぁ

我が子は拾ってくるだけ拾ってきて
選別も水で遊んでばかりで手伝わないし
ららぽーとでは

サンリオショップでずっと遊んでましたけど

何にせよ
忘れた頃にあらぬ場所から発見される
恐怖の虫食いどんぐりより

いつか森の木々と成長するどんぐりは
とても輝いて見えるのでした

おしまい

【追伸】
このどんぐり銀行については
私が利用させてもらったのは
『どんぐり共和国』通称トトロのお店ですが
探せば他にも行政や民間の団体があるとのことです
興味のある方は探してみてね!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする