【緑内障】35歳、厄年、緑内障の治療はじめました

スポンサーリンク
冷やし中華はじめましたのポスターを緑内障治療はじめましたに慌てて書き換えてあるポスター

まだ若い。でももう若くない

そんな揺れる〜
35歳〜厄年感じて〜(揺れる想いbyZARD)

わたくし まるさんご

緑内障の治療を始めました

まだ初期なので
緑内障特有の典型的な視野の欠けあまりありません

え、どゆこと?ですね

自分でもどゆこと?です

緑内障とは診断されましたが

視野検査をしてくれた視能訓練士の人には

まだはっきりとした緑内障特有の視野の欠けは始まってない
盲点が少し広がってはいるけれど

と言われました

この治療開始のきっかけは
先日、緑内障によらない視野の欠けが見つかってしまい…

・医師から見ると十分緑内障の目をしている
・医師的には
「万が一、その視野の欠けが緑内障だったら…」という僅かな可能性
そして
・私が前回泣きながら受診したその心配性な性格

以上の点を鑑みて、早期に治療を始めたと考えていいと思います

というわけで!
これから
特に若年層へのお友だちに

緑内障の早期発見と早期治療の重要性

を、ヒシヒシ感じて貰おうと思うので
明るく、そしてライトに語ってみたいと思います

緑内障とは何か。ゆくゆくはどーなってしまうのか。
治療はどーすんの?し、し、視力はどうなってしまうのか。

約1ヶ月…
血眼になって検索しまくり得た浅い知識と
実際の診察なんかを私なりに簡単に明るくまとめてみます

あっ。先に書いておくと
緑内障といっても、いくつかの種類があるようです
私の場合は
『いわゆる、 一般的に多いと言われている慢性的な緑内障』
と考えてよいので
そのレベルをメインでまとめています

詳しく知りたい場合は
絶対、お医者さんが書いているサイトや
企業のサイトを参考にしてください…って、アタリマエか

血眼になっていろんなサイト見た
まるさんごのオススメのサイトは、やっぱり

参天製薬のホームページ ですかね!

ただね。

確実に言えることはね。

血眼になってネット検索するのは
明らかに目に良くないと思うの

もくじ

0.緑内障=失明じゃない!
1.緑内障とは。簡単に説明
2.緑内障になりやすい人とは。箇条書きで説明
3.緑内障の診断【体験談】
4.まるさんごの治療 眼圧と目薬【体験談】
スポンサーリンク

緑内障=失明じゃない!

まず、声を大にして言いたいのは

「緑内障=失明ではありません」

疾患としては

徐々に視野が狭くなり→行き着く先は闇の世界…

という段取りになってるみたいですけどね
ありがたいことに、現代の医学はすすんでおりました

「進行は、抑えられるんです(声:川平慈英)」

しかも、その『徐々に』というのも
だいたい10年単位

さらに視野の欠損はたいていが視野の外側からはじまり
かなり進行するまで自分で気づかないそう

だから人によっては
疾患に気づかないまま天寿を全うする方も多くいるそうです

え〜良いな〜………で合ってる?

とにかく、きちんとお医者さんに診てもらい目薬をしっかりさしていれば
ほとんどの人が視野を守れるということ

いや待てほとんど?
ほとんどから漏れている枠はどうなってんすか

その枠に当てはまるのは

・目薬を自分の判断でやめてしまったり
・そもそも一定の年齢になって眼科で検査してない人

なんせ、視界の端から徐々に視界が失われていくので
自分で異常に気がついた時は末期で手遅れだった…

なんて事あるらしいですよ…

まじこの夏一番の怖い話

とりあえず

人によって症状は違うので100%断言はしちゃいけやいけど
緑内障と診断されたからと言って

世を儚む必要はないってことです!

わたしは二週間くらい世を儚みましたけどね…

1.緑内障とは。簡単に説明

《緑内障とは…》

・視野が狭くなる疾患
・進行は非常にゆっくり
・ある程度視野が欠けるまで自覚しにくい
・失った視野は戻らない

・でも、きちんと眼下に通っていればほとんどの人が視野を保てる

目の神経が何らかの理由でダメージを受け
徐々に視野が狭くなっていく疾患です

神経が死ぬと言えば、身近でポピュラーなのは「歯」の神経ですかね

歯の神経が死んだら、その歯は黒くなります

余談ですが我が子も思いっきり顔からこけて
左の前歯ちゃんが黒くなってしまっています

OH…神経が死ぬと歯が黒くなる…

これと同じことが目に起きると思うと
…ゾッとしねえな

悲しいことに現在、令和元年8月の医学では
死んでしまった神経を復活させることは不可能なのだそうです
iPS細胞でも難しいみたい
とか知的に言ってみるが、iPS細胞がどんなもんかよく知りません

要するに、現時点では
神経とがらせ神経を守るしか道がないのです
神経すり減る〜

《どんな理由でダメージを受けるの…》

・眼圧が高くなると良くないの…

ズバリ
「眼圧上昇」これが緑内障の最大の原因です

眼圧とは簡単に言うと、目の硬さのこと

ボールに例えるとわかりやすくて
空気の抜けたボールはフワフワ
空気のパンパンに入ったボールは
大きくカチカチになる。この原理

眼科に行くと、目に空気をプシュ!っとかけられる、あの検査でわかります

眼圧が高いと
目が大きく硬くなって、
目の血管を圧迫てしダメージを与え血が通わなくなり、結果、神経が徐々に死んでしてしまうと、こんな仕組みになっています

もう少し踏み込んで説明すると
そもそも目の中には「房水」という体液で満ちています
房水とは、目に栄養を与えたり、目の形状も保っている体液のこと。ふむ

この房水の生産量が増えたり
排出が減ったりすると
目の中の圧力…つまり眼圧が高くなる、ということです

眼圧の平均は10mmHg~21mmHg。mmHgは圧力の単位
この数値をこえると「眼圧が高い」と言われてしまいます

《正常眼圧緑内障という曲者》

私の眼圧の平均値は「16mmHg」でした

ふう、良かったー。平均だー(*´∀`)

ちょっと待って

緑内障言われたけど


平均ど真ん中ですやん。眼圧
なんで弾かれたの。約束が違うじゃないか

残念ながらこのように

眼圧は正常値であっても緑内障と診断されることがあります

その名も

正常眼圧緑内障

実は緑内障患者の半数以上が(6割とか言われてます)、この正常眼圧緑内障なんですって。

原因は

●その人の視神経が圧迫に弱いので、正常範囲の眼圧でも十分負担で、神経が傷ついちゃう

何それ超繊細。マジ飴細工を扱うように大事にして欲しい

●一日のうちで正常範囲(10~21mmHg)より高くなる時間帯がある人なんかもそうみたいです

よく分かんないけど、職業とか?でも、体操選手なんかの競技も技によってググッと眼圧上がるらしいけど、みんながみんな緑内障になる訳じゃない。自分に置き換えて日常で思い当たる節といえば、おトイレで気張りすぎたりすると眼圧上がるらしいけど、自分に当てはめると、全然気張らない

2.緑内障になりやすい人

・目がすごく悪い人
・家族に緑内障の人がいる
・低血圧
・糖尿病
・偏頭痛持ちの人
・睡眠時無呼吸症候群の人
・眼圧が高い人

自慢じゃないですが、わたしは20代前半の頃から
もう少し年取ったら視野検査を定期的にしなさいと言われていました

緑内障になりやすい人ってのはいるみたいです

しかしですね
例の如く血眼になって検索して
色んな専門家の話を読んだ感じ

緑内障になるこれと言った原因は、いまだはっきりしていない様子

例えば強度近視の人場合は、そもそも目の神経が弱いので目の疾患にかかりやすいし、家系ってのは、癌とかでも定番の遺伝要素ですよね。低血圧や偏頭痛は、血流が悪くなるので、目の神経にダメージが…と、ありましたが、いづれも、可能性はあるけど、こーゆう人が絶対なる、って言えないみたいです

ざっくり言うと、血流が悪い人と目が悪い人は気にした方がいいんですね、きっと

3.緑内障と診断されるための検査【体験談】

・眼圧検査
・眼底検査(OCT)
・視野検査



検査しなくちゃいけないのは以下の3つ

眼圧検査・・・目にプシュっと空気を欠ける検査。
眼科に行けば誰もが一度はやったことがある検査だと思う。苦手な人もいるのかな?
眼圧が高いと緑内障の可能性大。でも低くても緑内障

・眼底検査(と、OCT)・・・目薬で瞳孔を開いて、目の奥を見てもらう。
ぴかーっと光を直射されるので眩しい気もするけど、辛くない。
瞳孔が開くまで30分くらいかかるので、時間がかかる。
さらに、
眼底三次元解像というハイテクな装置 “OCT” で目の奥を観察し
断層画像を撮影
神経の状態を見ているらしい。厚みとか…厚み?

その映像を後ほど見せてもらいながら説明をうける。
検査は装置を覗き込んでるだけで痛くも怖くもない。

・視野検査・・・視能訓練士が行うものと
専用の装置で行うものがある

私は2つともやりました。どっちも時間は同じくらい

真っ暗な部屋へと導かれ
片目をしっかり塞がれ
装置を覗き込み…真ん中の黒い点を見つめていると
スポットをかざしたような丸い光が現れるので
見えたらボタンを押す、と言うのを繰り返す

見えていない部分がずばり視野の欠け

これらをすべてを総合して初めて
キチンとした診断ができるそうです

4.まるさんごの治療 眼圧と目薬【体験談】

以下、緑内障と診断されて治療に入るまでの流れ

最初のほうに、緑内障でもいくつか種類があると書きましたが、私は緑内障の中でも最もポピュラーな目薬で眼圧を調整するタイプです

【診察】

1.日を変えて眼圧をはかる。うちの病院は5回
2.目薬を処方される
3.おしまい

もうね、
疾患の恐ろしさと裏腹に、治療の気安さよ!

日を変えて眼圧を5回はかったのは、眼圧の平均値を出すため
日によって微妙に違うんですって
浮腫んだりしてる日とか、嫌な感じ

それから眼圧をはかるといっても
この段階になると、空気をプシュっとしません
たぶん、直接目に機械を当ててはかってます
がっつり
診察室に呼ばれる5分前くらいに麻酔の目薬をさしてもらうので
痛くも痒くも怖くもないですけどね!

【処方された目薬】

《名称》 ミケルナ
《使用法》 1日1回。楽ちん!
《タイミング》お風呂に入る前。ちょっと忘れがち。
目薬が目の周りにつくと副作用で黒ずんでしまうらしいので気をつけたい。
《さし心地》 しみない。刺激もないと思う
《注意すること》使用直後は目が霞むことがあるらしいので運転は控える。でも私は今のところ霞んだことはない。

参考:くすりのしおり『ミケルナ配合点眼液』

『ミケルナ』て!
回復魔法のネーミング!
いや
この目薬によって眼圧が下がり
視野の欠損から救ってくれることを鑑みれば
立派な回復アイテムと言えようか
そう
これからも続く長い冒険の旅に欠かせない回復アイテム

そう。人生という名の冒険のね…

二つの目薬を一日3回点眼することもあるようなので
ミケルナは本当に楽ちん

副作用については
色々聞いてたので(ネットで)めちゃくちゃ心配してましたけど
しみることもないし

マジでただの目薬って感じで
今のとこ問題なしです

持病がある人は要注意ね!

【先生に受けたアドバイス】

怖がって神経質になり過ぎず、普通に生活しましょう。目薬だけしっかりさせばそんなに恐れることは無いですよ

一般的には眼圧が今の数値から20%から30%下さがると緑内障は進行しないそう

私の場合は16だから、計算すると12前後?
(先生がなんか言ってたけど、ドキドキして忘れちゃった)

人によっては手術が必要であったり、何か気をつけなければいけないこともあるけど、基本、緑内障は他にやることもないし、さほど神経質になることはないみたいです。心配しすぎは良くないって。

なるわ!するわ!目やど!

例の如くネットでチラホラみたのは、緑内障になってる人は神経質な人が多いかも〜と。なんの根拠があって言ってんのか知らんが…でもまあ確かに、先生がに何か深刻に注意されたわけでもないから、もう少しおおらかに考えたほうがいいんだろうな

おわりに

緑内障と言われて私が気をつけてることは以下の通り

・目薬を忘れない
・スマホを水平に持つ
・夜寝る前に暗がりでスマホを見ない
・カシスのサプリをのむ
・遠くを眺める
・緑を眺める
・イケメンを眺める

目を温めて血流を良くするのもいいみたい

今後の予定は、
一ヶ月ごとに眼圧の検査と目薬の処方
三ヶ月ごとに眼底検査
そして、一般的に1、2年ごとに進行の具合をみて行くのでした
うちの病院は2、3ヶ月ごとに視野検査もするんだっけ?

何度も脅しますが

視野の欠損は

自分では気付きにくいので知らず知らずに進行しています
自分で気づいたときには、かなり進行しています

あー、こわい!

ほらほら!病院行って!

私の理解では
緑内障とは高血圧などと同じ
目の慢性疾患ということ
完治はしないけど

上手に付き合えばそれ以上悪くならないし、怖くない

一生、上手に付き合うしかないのです

今の世の中見てると、
これからの時代
きっと緑内障だけでじゃない目の疾患の患者って
増えてくと思うのよ(嫌なヤツ)

すると、どんどん研究も加速するでしょ

実際、現実的に近い将来、
予防のために目に栄養を送る目薬とかサプリとかも開発されかも〜
って言う専門家もいたし

きっとバシッと進行を止める薬も開発されると思うのです
されて下さい、お願いします!

ひょっとすると、
それを発見する才能の持ち主は、
アフリカの極貧の子どもかもしれないし
戦場で戦う塀しかもしれない…と思うと

世界平和も同時に祈りたいですね。8月だし

そんなわけで、なにが言いたいかと言うと

大人のお友だちはとりあえず、一度は検査に行きましょう!

健康診断でも気づかないらしいよ!

また書きます。おしまい

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする