メルカリで当たりのお買い物!私が気にかけている4つのポイント

スポンサーリンク

メルカリ便利


こんにちは!

便利なコンテンツには
決まって世の中の悪い人や変な人が参入して来るもので
色々とニュースになっては名前が取り沙汰されて大変ですね。メルカリ

正直フリマアプリとかネットオークションって
相手の姿がわからないやりとりなので、不気味といえば不気味だしぃ

無理して利用することはないと思います

とか言っておいて
私は、売ったり買ったり。めちゃめちゃお世話になってます

今のところ大きなハズレに遭遇する事もなく
また、騙されるも事なく(当り前か)
ほぼ気持ちよく利用できています

定価13000円のパーカーを
試着のみの新品同様の2500円で購入したりねっ

手元に届くまでは本当に綺麗なのかな〜なあんて半信半疑でしたが
実際に届いた服はとっても綺麗で、使用感が全くなく
私としては予想以上に「大アタリ」なお買い物でした

と言うことは、「ハズレ」を引く事もあるのか

残念なことに、無いとは言えないみたいですね

ハズレと言っても色々あります
事前には知らされていなかったシミや汚れがあったとか、壊れていたとか
ぐちゃぐちゃで届いたとか
そういう悲しい経験談も目にしますね…
中には全然別のものが送られて来たとか。どう言うこと?犯罪者なの?

ほんと得体が知れなさすぎて、こわー!

でもでも、利用したい!
そんな人のために
今のところほぼ当たりのお買い物を楽しんでいる私が
実際にどんな感じでお買い物をしているのか、そのポイントを挙げてみようと思います

ちなみに私が思う当たりのお買い物は
「問題なく取引ができる相手」

「品物が綺麗または想定通り」

「定価より安く手に入る」ことを条件として指しています

スポンサーリンク

当たれ!4つのポイント

目次

1.「新品未使用」よりも「未使用に近い」がいいかも
2.写真と説明だけが頼り!しっかり確認
3.プロフィールと評価はやっぱり確認
4.その商品を別途ネットで検索してみる
5. 個人的に失敗したケース
6. 個人的に避けてしまう出品者さん

1.「新品未使用」よりも「未使用に近い」がいいかも

欲しい物が決まっている時はダイレクトにその商品を検索すると思います
また、漠然とした買い物の時は【カテゴリ】で絞ったりしますよね
服で言えば、コートとかワンピースとか

その次に必ず私は
【詳細検索】で【未使用に近い】を選択しています

これは
綺麗でありながらも安い物が手に入るから

そりゃ本当は新品未使用の方が好きだし、当たり前に綺麗だと思うのですが
わりと定価に近い値段設定が多い気がします

わかりますよ
出品者としての心情

せっかくお金出して買ったのに、やっぱりどうしても似合わないとか
来年着ようと思って買った服が、タンスで1年熟成させている間に
自分の体の方が熟成されて、着れなくなっちゃったとか…
それで半額以下で知らない人に譲るなんて、なんか悔しいモンですよね

それでも、売れなかったら泣く泣く値下げするけどさっ

それと比べると「未使用に近い」はお値段設定も優しくなります

一度でも着用した服や使用した物っていうのは
ある程度お値段を下げないと、よっぽど人気の品薄商品じゃなくちゃ売れませんもんね

「試着程度です」
「一度使用しただけです」

そんな文言ではっきりと、いかに未使用に近いかを説明している人は
経験上ある程度信用してもいいと思います

中には
「数回着用しましたが、大切に着ていたので」
「5回くらい着用していますが、綺麗です」
なんてものもあります

5回着用して「未使用に近い」なんてそりゃ無いぜ
数回って、何回?
そもそも、未使用に近いとゆーのは言葉通り、使ってないに等しいってことだから
厳密に言えば1回でも着用したらもう未使用じゃ無いんだかんな!

と言いたいところですが
1、2回の着用であれば、その品物や使用した人の扱い方で随分変わってくると思うので
実際、未使用に近い品物も多いと思います
5回はさすがに未使用とは言えないと思いますが
とは言え、たくさん着用しているにもかかわらず「新品同様です」と嘘を付くよりは良心的か

またここで気をつけたいのは、
アウターの着用回数2回と
Tシャツなどの着用回数2回では使用感が随分違う
ので(Tシャツの方が断然傷みやすいし)
この辺は臨機応変に対応したいところです

もう一つ
私が未使用に近いで絞り込む理由があります

それは純粋なブランド以外の商品をなるべく表示したくないからです

物によって、何だか得体の知れない商品がバンバン!ヒットします
海外の製品や、異様に安い正規品とかですね

使わなくなったものを売って小銭を稼ぐとか
自身で作成したオリジナルのハンドメイド作品を出品しているなどの
いわゆる普通の出品者ではない事はわかります

個人輸入の転売や
業者が個人として出品している
と色々と言われていますが
それを分かった上で購入するのは自由だと思います。犯罪じゃなければ

ただ、私はそう言う商品は興味がないのと
そういう人たちからは購入をなるべく避けたい派なので、検索にヒットさせたくないです
めちゃめちゃ大量にありますからねー

それでなくとも、「タグをお借りしてます」などの文言で
自分の探しているブランドの中に、しれっと紛れ込んでくる商品がたくさんいるので

あれ。なんとかしてくださいよ。メルカリの担当者さん。

2.写真と説明だけが頼り!しっかり確認

基本ですね!
実物を手にとって見れない中で、唯一その品物を知る手がかりなので
しっかり確認しています
私が特に確認するのは
・色…光の当たり具合でも色はずいぶん変わるので、実物はどんな色なのか。聞かなくても詳細に書いてくれている出品者さんは親切でいいですね
・袖ぐりや襟元のヨレ感
・サイズ感(大きめのSなのか。伸びるのか。など)

それから
ゾゾタウンなどでモデルさんが着用している画像をそのまま掲載している人がいると思いますが(厳密にはそれ自体グレーゾーンらしいです。肖像権とかね)
中には、その画像オンリーで
実際に手元にある品物の写真を一切載せていない人もちらほら

これは完全にアウトです

載せない理由が謎ですね
写真を載せれない事情があるのか(手元に品物がないとか)
はたまた面倒なだけか分かりませんが
そうゆう出品者さんとの取引は、私はしません。しない方がいいです

私が特に好きな商品説明欄の文言は

「気に入って買ったけど似合わなかった」
「貰ったけど使わない」
「サイズが合わない」

など、具体的に書いてある出品者さんです。何となく信頼できそうだし、安心して取引ができるんじゃないかな?と思います

まぁ結局はすごく普通の事なんですけど
綺麗な写真と丁寧な説明文の人がいいですね

3.プロフィールと評価はやっぱり確認

プロフィールはとりあえず見るようにしています
自己紹介の文章から感じる相手の印象ってありますよね

なんとなく、ちゃんとしてそうだな〜。とか
面倒くさそうな人だな〜。とか

もうただの主観でしかないのですが、そういう印象って案外当たってる気がします

そりゃ文章なんて、いくらでも取り繕うことはできます
でも、メールとかのやりとりでも
メールだからこそ相手に失礼のないように、誤解されないように考えて書きます(よね?)
その手間を惜しむ人は、他の大事な部分でも手間を惜しむかもしれないし

長々とプロフィールを書いてる人がいいと言うわではありません
でも
プロフィールを書いてない人が悪い人とは限りません
(プロフィール書いていない人と取引した事もありますが問題なかったです)
プロフィールが良くても、実際の取引でガッカリすることもあるかもしれません

あくまでも目安です
でも相手を知る一つの判断材料としてはとても有効だと思います

何となく感じがいい人がいたり
そうでない人がいたり
色々と独自ルールを設けている人など様々いるので、
自分がこの人と取引しても問題なさそうだな、と思える人と取引しましょう

さらに私は評価も確認しています

やっぱり取引相手の評価は良い人に越したことはありませんし
悪い評価があまりにも多ければ、やはりそれなりだと思うので、気をつけたいところです

ただ、悪い評価が少しであれば
なぜ悪い評価がついたのか遡って確認してみるといいかもしれません

例えば
いい評価ばかりの人に一つだけ悪い評価があったとします
その時私は、悪い評価をつけたAさんの、Aさんに対する他の人の評価まで覗いてきます
なんでかと言うと面白いから…
じゃなくて

意外とその評価をつけたAさん自身が訳ありっぽいぞ!

なんてことがありました
いわゆるクレーマーで、イチャモンつけて腹いせで悪い評価をつけてるんですね

闇を感じますね

でも、そんな悪い評価のコメントを転々と読んでいって
いろんな人がいるんだなあと感心している私は悪趣味でしょうか。テヘッ

そーいえば前に、お皿に食べ物を乗っけて出品してた人をチラッと見かけました
あれはなんだったんだろう

4.その商品を別途ネットで検索してみる

見てますか?
これが意外と落とし穴です

下手をすると
ゾゾタウンやブランドサイトなんかでセール価格になっていて、メルカリで買うよりよっぽど安くなってることがあるんですよ

何度も目撃しているので気をつけてください

後は、ほかのフリマサイトを覗くのも良いのかもしれませんね
私は登録するのが億劫でのぞいていません!

ちなみに余談ですけど
ユニクロや子ども服の西松屋なんかは
実店舗のセール価格がめちゃくちゃ安かったりします

そういうパターンもあるので、なかなか難しいですよねえ

5.個人的に失敗したケース

なかなか運の良い私ですが、一度だけ、ちょっと失敗したなーと言うケースがありました

その時私は普通の長袖のシャツを購入しました
商品の説明欄には「二度ほどの着用」と記載されていました
実際届いたものがなかなかのヨレヨレだったのです
思ったよりも布地が薄かった、とうこともあります(これは確認漏れでした)
ただ、さらに
自分で丈詰め?をしたかのような裾の違和感がありました
素人さんが一度ほどいて、縫い直したような感じ…

さすがにトップスの丈詰めまでは気にしないので
「あ〜。失敗しちゃった」とガッカリしました

やりとり中はいい人だったんですけどね…しょぼん

6.個人的に避けてしまう出品者さん

・同じ商品を大量に出品している人
・「在庫を確認しますので」みたいな文言がある人
・悪い評価がたくさんついてる人

プロフィールや説明欄、コメントのやりとりから「売り手市場感満載」な人は避けます
安く売ってやってんだるぞ!品切れ商品を売ってやるんだぞ!
みたいな

あとは…何だか怖い人

現実社会でもそーですけど、
やたらと喧嘩腰だったり悪く言う人には近寄らないほうがいいですね

ごめんなさい。これも単なる主観です
でも、そういう自分の直感は信じてもいいと思います

後は信じるしかない

さんざん書きましたが、全てが私の主観であり、一つの目安です
結局は「人による」ですもんね

あからさまに不審な出品者を取り除いたならば、あとは出品者さんを信じるしかない!

そもそもインターネットでのやりとり自体が

相手が正直者という前提でのやりとりなので、疑い始めたらキリがないですもんね

「あれ?思ってたんと違う…」ってのは、昔ながらの『通販あるある』だし
偽物を売りつけられるとかはもはや別問題ですし

また、綺麗か薄汚れているか。大きめか小さめか。悪意はなくとも感じ方も人それぞれ
時には行き違いもあると思います
そういう事をどこか頭の片隅に置いておいたほうが良いと思います
それが嫌なら、ちゃんとしたお店で買いましょう

まちがっても相手と喧嘩しても意味がないですからね

あとは経験と運だ!(それ言っちゃおしまい)

なんだかんだと言いましたが
メルカリを上手に活用すれば、楽しくお得にお買い物ができると思いますよ!

おしまい

こんなのも書きました!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする