結婚式で使いたい! 倉木麻衣ソング

スポンサーリンク

結婚式に倉木麻衣はいかが?

どうも。

毎日我が子にアンパンチをくらって、

ハヒフヘホなAOKAです。

突然ですが、結婚式ってしましたか。
もしくは、将来的にする予定とか…

私は遡ること3、4年前に、
家族と、ごく親しい友人のみを招いたウェディングパーティなるものを開きました。
(これが予想外にみんなに楽しんで貰えたので、後日また体験談として書きたいと思います。)

さて。

結婚式の中でも、重要なポイントとなるのが曲選び。
ドラマなんかでもそうですけど、

場面と曲がピッタリ合えば、感動も喜びも興奮も一層際立つってもんです。

まさか母への手紙のシーンで
ダース・ベイダーの「The Imperial March」なんて流すわけにもいかないですもんね。(それもアリか。)

当初は無難な、イマドキ流行りのオサレな外国の曲で済ませようと思っていた私に、プランナーさんが言いました。
「好き歌手の歌で縛るのもアリですよ」

え?マジ?

縛っちゃってええのん。

そんなわけで、私のウェディングパーティは入場から退場、
そしてお客様のお見送りまでの行程全てを、倉木麻衣ソングで演出。
まさに、倉木麻衣祭となったわけであります。

選曲に当たって

曲の全部を倉木麻衣(以下、麻衣ちゃんまたはマイケー)で縛るにしても、いくつかルールを作りました。

その1.自分の好きな曲を無理矢理ねじ込まず、その場面にあった曲にする

その2.なるべくなら、ファンじゃない人でも知ってる曲

その3.できれば名探偵コナン色はあまり出したくない

マイケーの歌、どれも好きなんですよね。ファンなんで。

だから、好きだからってだけで場の空気に合わない曲を血迷って選曲しないように!

と強く自分を戒めました。

それに、おこがましい話ではありますが、これを機に倉木麻衣ファンが一人でも増えたらな・・・

なあんてことも考えながら選曲しました。

迎賓で倉木麻衣

『オルゴールサウンド』

ごめんなさい!いきなり曲名じゃなくて。

やっぱり、ここはいっちょ、ゆったりとした癒しのメロディが欲しいですよね。

他人がガヤガヤ集まる空間ですし。
マイケーはしっとりした曲も数多くあるので、ボリュームを抑えて、シャッフルして流そうと思ったんですけど。

そういや、マッサージ店なんかだと、J-POPとかオルゴールで流れてるなー

ってのを思い出して。

もともと私は、

オリジナルの曲を『〇〇バージョン』とかでカバーされているのを聞いて「素人がどこでつかうねん!」
とか思ってクチだったんですけどね。
確かに癒しの空間には良いかも。

狙いとしては、ここで
「おや?この曲、倉木麻衣?」
「AOKA、倉木麻衣好きだったの?」となるわけですよ。

掴みはオッケーでしょ!

しかし、当時の私の探し方が悪かったのかなんのか、
オルゴールバージョンってなかなかないもんですよね。

今見たら、オルゴールコレクションてやつがダウンロードできるみたい。
便利な世の中だ。

因みに私が買ったのはコレ

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

倉木麻衣 【オルゴールCD】
価格:1573円(税込、送料別) (2017/11/12時点)

今手元にCDが無いので、楽天の画像ですが、
買うならアマゾンの方が安く買えるかも。

入場で倉木麻衣

『永遠よりながく』
一発目にはこの曲を選びました。
なんてったってこの曲、結婚式をイメージして作られてますから。
イントロからぴったりなんですよ、入場に。
ちょっと試しに、曲に合わせて、扉開けて入って来て見てください。

「あなたと歩いてくぅー」って、
めっちゃめちゃしっくり来ますよ!

ただ、
けっこーこの曲って、ファンの間ではなかなかの酷評を獲得してたみたいですね…
でも私は2010年のリリース当時から、好きなんでした。
明るいし、爽やかだし、キャッチーだし。
ちょっと昭和アイドルっぽいのは否めないけど。
(誰かがプリンセスプリンセスの曲に似てるって言ってた。)

あと、この曲を選んだもう一つの狙いとしては、
これって化粧品のCMとタイアップした曲でしたからね。(エスプリーク プレシャス。)
同世代の友人たちからすると、
「あ、これ化粧品のやつだ!」ってなるの。
これ大事!

ちなみに、

「Secret of my heart」

にしようかとギリギリまで悩みました。
自分的に青春時代の曲だし、ダントツで大好きだし、みんなも間違いなく知ってるだろうし。
あと、

「key to my heat」

なんかは万人ウケ間違いなしな気がするなぁ。可愛いし。

ケーキ入刀で倉木麻衣

『honey, feeling for me』

ここは結構すんなり思いつきました。
これもウェディングソングとして作られてるの?
歌詞の中にも珍しく?チョコだのミルクだの、女の子らしさ全開の歌詞になっていて、曲全体が甘〜い!

ケーキ入刀にはぴったりの一曲だと思います。

乾杯で倉木麻衣

『不思議の国』
実はちょうどハロウィンの季節だったんです。ウェディングパーティ。
だからってわけじゃないけど、ぴったりでしょ?

「かんぱーい!」の音頭とともにピアノの軽快なリズムに、これまで少しかしこまっていたみんなが、フッと力を抜いて、解放される。

そんなイメージ。
ハロウィン時期じゃなくてもオススメしたいです。

歓談で倉木麻衣

ここは最初の迎賓の時と同じ、
オルゴールバージョンにしました。
歌にしちゃうと、そっちに気がいっちゃいそうだもん。

私が。

旦那の余興で倉木麻…布施明

『君は薔薇より美しい』

なんだよ突然!?

ですよね。
旦那の余興の際に流しました。

「さすがに俺の時は倉木麻衣はちょっとなー」
と言う消極的な主張を飲み(ハァ?)、
何だかんだと、その時私たちの中で流行ってた布施明で落ち着きました。

余興の内容が
旦那がクレープシュゼットを作という、クッキングチャレンジ系だったんで、
「Born to be free」

とか、仕上げにアイスクリームを添えるので
「I scream!」

あたりを考えてたんですけどね。

しかし・・・

布施明の声っていいですよね。

ブーケトスで倉木麻衣

『LOVE SICK』

正しくはブーケプルズでした。
紐でくじ引きして、その一本だけにブーケに繋がってるってやつ。
漫画のように、がむしゃらにブーケを争奪する絵が見たかったんですけど、
私を含め、大和撫子ばかりなので、みんな遠慮しちゃうかなーと。

イメージ的には明るく、ちょっとコミカルな雰囲気を演出したかったのでこの曲に決めました。

これはメチャクチャはまったー!
今でも曲がかかると、あの時の光景が目に浮かびます。
紐が絡まってグダグダになってた、あのワンシーンが。

また、歓談の合間に行うイベントだったので、
しずかなBGMから、
「ペポペ♫ピポペ♫」

という軽いイントロで、場の雰囲気を切り替えるのにすごく良かったです。

オススメ。

お色直し中座で倉木麻衣

お色直しはしなかったんですけど。
もしも流すなら・・・と考えてみました。
こうゆう時って、おばあちゃんやら、甥っ子姪っ子なんかと連れ立って去っていくものですよね。
私ならたぶんおばあちゃんと中座するだろうから・・・

ここは趣向を変えて、昔の曲のカバー
『don’t worry baby』

とかいいかも。
でも、どこかで使いたい

『happy days』

をねじ込みたいかも。

中座後の入場

司会者の合図とともに、再登場!
となれば、明るくみんなが迎えてくれるわけですよね。

『Come on!Come on!』
なんてどうでしょうか。
あとは衣装によって、

真っ赤なドレスなら情熱的に

『Revive』

とか、
青や水色なら、海をイメージして

『Love one aother』

とか、
大人っぽい感じなら

『baby l Like』

とか・・・
選択の幅は広がる!

しかし、Reviveって、しょっぱな

「絶対絶命」とか言っちゃってるから、結婚式には・・・アレですかね。

両親へ手紙、花束贈呈で倉木麻衣

『stay by my side』

これはもう、悩むまでもなく決めました。
ウェディングパーティをするって決めた時から、この場面はこれだなーって思ってたんですよね。
曲の雰囲気が温かみがあって、大切な人に送る歌としてもピッタリだと思ったのでした?

ここで『Secret of my heart』無理矢理にでも入れようかなぁーとも思ったけど!

ぐっと堪えた。

みんなをお見送りで倉木麻衣

『Love, Day After Tomorrow』

からの

『always』

alwaysなんかは特にマイケーのライブの最後の最後に歌われる曲です。
曲調も深みがあり、オシャレで、
また、ライブの時のイメージも強いせいか、
みんなと一つになる!って感じがします。
今日のパーティのおかげで、みんなとの絆が深まったよ!
ありがとう!
そんな感じ。

結婚式に倉木麻衣の曲を

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

渡月橋 〜君 想ふ〜 (初回限定盤 CD+DVD) [ 倉木麻衣 ]
価格:1300円(税込、送料無料) (2017/11/12時点)

どうでしたか。

実体験も交えて、めちゃくちゃ独断と偏見で紹介してみました。
最近では『渡月橋』が大ヒットしている倉木麻衣ちゃんですが、結婚式にぴったりな曲もたくさんあるのです。

結婚式を夢見る人も、
「結婚式?なんだそれ、うまいのか?」の人も。

そして、結婚式を控えた、ファンじゃない人も!
是非一度、倉木麻衣ソングも検討してみてはいかがでしょうか。

いやぁ。
それにしても、
倉木麻衣って本当にいいですよね〜(水野晴郎風)

それでは、また!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする