満員電車デビュー お前は既に嫌われている…新入生・新社会人に教えたい満員電車暗黙のルール

スポンサーリンク

満員電車デビュー

こんにちは。AOKAです

もうじき4月ですね

新たに進学、就職、その他新生活を迎える方々
おめでとうございます

夜な夜なネットで
「新生活 不安」だとか

「大学 友だち作り」とか

「新入社員 嫌われない方法」とか…
検索したりしているのですか

いえ。やめとけなんて言いませんよ
思うさま検索して、イメトレでもなんでも気がすむまでやっちゃって下さい

とりあえず

挨拶と愛嬌と敬語があればなんとかなるですよ

そんなことよりも!
一つ重要なことを忘れてはいないでしょうか

4月から各々、その新天地へ
どの手段で通勤通学するのでしょう

徒歩?自転車?バス?それとも、マイカー?

もし『電車』を使わない人は、ここから先はスルーしてください

でも、もしもあなたが
この春『満員電車デビュー』を果たすならば
私はお伝えせねばなりません

「お前は既に嫌われている」

非常に残念です

4月の新人さんたち(便宜上そう呼びます)は満員電車世界で、すでに疎まれています

「また今年もアイツらが乗ってくんのか。クソ、邪魔だな」

何故って?

それはですね
あなたの存在はこの一年かろうじて保たれて来た車内の均衡を壊す脅威だからですよ

満員電車世界には暗黙のルールが存在します
もちろん、誰も教えてくれません
習うより慣れよなんですよね

でも、何も知らないでボケボケ乗ってしまうと、嫌われるだけでなく、時に身の危険すら感じてしまうことも…

そこで慈悲の権化、AOKAが
誰も教えてくれない満員電車の暗黙のルールを、思いつく範囲でお伝えしていこうと思います

スポンサーリンク

満員電車 暗黙のルール

0.ホームでは並ぶ

書くのも恥ずかしいですね
日本に生まれたのであれば、この習慣は当たり前
2歳の我が子も滑り台で並んでます

この時先頭に立った人は
万が一、何かの拍子で背中を押されてホームに落っこちないよう、しっかり目を覚ましていましょう

〈注意〉先頭で並んだと思って安心していたら、実はドアの停車位置ではなく
気づくと一人ぼっちで立っていて恥ずかしい思いをする場合があります

1.ドアが開けば降りる人が先

これも電車に限らず当たり前ですね
エレベーターとかでもそうですよ
いち早く空いてる席にまっしぐらしたいところですが、みんな降りてから乗り込んでください

2.乗り込んだら奥へ詰める

例え次の駅で降りる場合でも、ひとまず奥へ詰めて下さい
もしも当面降りる予定がなければ、なおさらです

そんな入り口付近に突っ立ってたら、容赦なく押されます
くたびれたサラリーマンも、綺麗な会社員のお姉さんも押して来ます
「奥詰めろよ!」なんて怒られることも

実は電車の奥に詰めた方が、意外と空間があったり
人の出入りが少なかったりと安全で快適なんですよ

降りる時が心配?
大丈夫
ちゃんと降りれますから。たぶん

3.立つ向きを読み違えない

乗ってみるとわかると思うんですが、何となくみんな同じ方向を向いて立つんですよね
これを読み違えたら大変!
赤の他人と至近距離で見つめ合うはめに

チューするの?っておじさんたち、結構見かけます

ちなみに私は背が小さいのですが、うっかり方向を間違えた時には、他人の鼻息を延々と顔面に浴びることになりました

誰も悪くないんだ…そう、誰も…

4.イヤフォン注意

何度かに一度は釣られます

イヤフォンのコードが誰かの何かに引っかかるのです

乗り降りの時にコードかわ「ビン!」となり、そのまま魚の如く引っ張られるのでとても危険です
特に女の人は
自分のピアスに引っかったうえに、釣り上げられる危険もあるので、要注意

最近はBluetoothとかもあるし、工夫した方がいいかもしれません

あと、モチロン音量は注意してね

5.本やスマホで背中をツンツンしない

必死でスマホ触ったり、集中して本読んだりしていると、知らず知らずのうちに
前の人を「ツン…ツン…」と突いていることがあります

心の底から鬱陶しいです

振り返ってスマホを叩き落とされても文句は言えませんよ

やっぱり、せめて車内がギュウギュウ詰めの時はさすがにスマホや本は我慢しませんか

6.鞄は前に抱える

当たり前ですが、リュックは前に抱えて下さい

特に男子、多いぞ!
でっかいの背負って、ガシガシ動いて、押したり顔にぶつけたり…
ワザとやってんのか?

例えが二足歩行して乗って来たとしても言うからね
甲羅は前に抱えろ」って

また、リュックに限らず鞄は自分の体の前に持って来た方が良いです

鞄さんも、一丁前にスペースを取っちゃうんですよ

それに、平和な日本ですが
お財布を擦られたり
ゴミを入れられたり
そうゆう危険も潜んでますのでね

また、先に述べたイヤフォンではないですが
乗り降りの時に鞄が巻き込まれて、自分が引っ張られる危険もあります

7.流れに逆らわない

イソップ童話に「樫の木と葦(かしのきとあし)」という話があります

流れに逆らわず身をまかせる方が利口なこともある的なお話です(解釈は人それぞれですが、大雑把にはそんな感じ)

まだ自分が降りる駅じゃない
でも降りる人が多くて、流される…

ここは葦のように身を任せましょう

一度の外まで出ちゃうのもありです
再び乗れなくなることは、まずないです。たぶん

たまに、頑なに動かないアホな石像がおりますが、真似しちゃ駄目ですよ
また、勇んで押すなどの攻撃を仕掛けるのも控えて下さい
そうゆう石像をしれ〜っと、うまく押し出す専門家たちが沢山乗ってるので、彼らに任せましょう

8.座る勇気も必要

今の時代、やかましいですからね
優先座席なんて特に座り辛いですよね

でも、満員電車では目の前の座席が空いたら是非座ってください
一人が座ると、その分、車内に余裕ができます

その後座るべき人を発見したら、勇気を出して譲る事が出来たら素敵ですね

9.思うまま動かない

忘れ物でも探しているのでしょうか
でも、肘が当たってますよ
今すぐ薬を飲まなきゃ死ぬ!ってくらいの理由がない限りは、モゾモゾするのは控えましょう
みんな多かれ少なかれ、何かを我慢して乗っています

自分のやりたい事をやりたい放題して良い空間ではありません

ちなみに、今すぐ薬を飲まなきゃ死ぬ!ほどの危機に面している人は、遠慮なく助けを求めて下さい

10.声のボリューム気をつける

満員電車は、休日のワイワイした電車とは全く別の世界です
お友だちと乗り合わせても、はしゃがないで下さい

あなた方の会話なんて聞きたくありません

11.甘え過ぎない

ギュウギュウ詰めでバレないと思って
がっつり人にもたれ掛からないようにしましょう

ソコには潰されている犠牲者も存在するのです

あと、調子に乗ってもたれていると
突然体をそらされることも…(笑)
転ぶと本当に危ないですよ

反対に、揺れに逆らいまくって踏ん張りすぎるのも、先述した頑なに動かない石像扱いされるので
ほどほどに力を抜いて下さい

12.足元注意

女性のヒールは凶器ですが
男性のビジネスシューズも底は硬く、かなりの凶器です

私は爪が割れました

突然の揺れもあるかと思いますが、誰かの足を踏んでしまわないよう出来る限り気をつけましょう

また、足元に置かれた誰かの鞄につまづいたり
「紐」に足が絡む事もあるので、注意が必要です

それからも気をつけて下さい

乗る前にはキチンと閉じて、先っちょは、必ず地面に垂直に持ちます

地面から浮かせて持っていると、雨の雫がポトポト落ちる事も知っておいて下さい

13.声を出す勇気

降りたいのに降りれない時

本当に具合が悪くて苦しい時

何か犯罪に巻き込まれている

そんな時は勇気を持って声を出して下さい
必ず誰かが助けてくれます

おわりに

いかがでしたか

平たく言うと、各々が思いやりの気持ちとマナーを守って利用しましょうって話でしたね!

慣れてきたら、空いてる車両を見極める力がついてきますし
色んな意味で近寄らない方がいい人間も分かってくると思います

さあ

今から満員電車が楽しみですね!

以上、満員電車の暗黙のルールでした

おしま…

あっ。そうそう

「すみません、降ります!」
で降りれない時は、
「すみません!吐きます!」

が効果あるみたいですよ

いつか試してみて下さいね

おしまい

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする