ハロウィンだもの! 熟女と考える、この際だからやってみたいコスプレ

スポンサーリンク

ハロウィンだもの!

AOKAです。

10月といえば最近ではすっかりハロウィンですね。

盛り上がってますか?

ハロウィンといえばコスプレ。

以前よりコスプレ憧れがあるのですが、人の目だとかチャンスがないとかで、

何やかんやと挑戦することができませんでした。

そして、今。

私には『子ども』と言う最高の口実が生まれました。

そう。

子どもに託けてコスプレに堂々と挑めるようになったのです。

と思ったもののつかの間。

今度は

ママ友の目が気になってできない!

とりあえず来るべき日に備えて、

やってみたいコスプレを書き記しておこうと思います。

ちょうど隣に、60歳母も座ってるので、熟女の意見も参考にしてみましょう。

第9位ボディコン

バブリー!

60歳熟女の希望です。
今は、平野ノラが旬ですが、
あくまでも母が着たいのはボディコンであって、平野ノラの仮装ではありません。
ぴったりとした素材で身体のラインを強調。

自信がある人にはモッテコイですね。

もちろん自信がなくても大丈夫。
せっかくなので、太眉やソバージュまできちんと再現しましょう。
しかし、

当時の人たちはマジでやってた格好なのに、今は仮装扱いって、時の流れって残酷ですね。

第8位 マリリンモンロー

プップッピドゥ。

こちらも続けて熟女の希望です。

マリリン・モンローと言えば、セクシーの代名詞。

ブロンドの柔らかそうな髪。
大きな胸。
真っ赤な唇。
絶妙なポジションの口元のほくろ。
白いドレスがふわーりと浮き上がるあのシーンを再現したくなります。

ううん。
むしろ仮装なんかじゃなくって、マリリン・モンローになりたーい!

第7位 ボア・ハンコック

引き続き熟女の希望。
ボディコンの話題が出た時に、

「あー。今ならハンコックとか良いな〜。」と漏らしていました。

誰それ、知らない。
聞けば、漫画「ワンピース」の登場人物でした。

これまたナイスバディですね。
胸の部分は先っちょギリギリまで空いてるし、
ヘソ出しの上に、中途半端なスカート。
そこまで露出するなら、もう裸でいいんじゃない?
いや。

オシャレとは、色気とは、

そうゆうものでは無いですね。

袖の部分は蛇の鱗?

寒そうなので、
ハロウィンパーティに出かける日にはマントで体を包み隠して、街へ繰り出すことになりそうです。

しかし、

熟女の好みって…。

第6位 クリィミィマミ
細やかな毛玉は見ちゃダメ!(去年『しまむら』とコラボしていたクリーミィマミのパーカー。)
クリーミィマミの衣装は、
そんなに凝ったデザインではないからこそ、
肩周りのフリフリや、スカートのヒラヒラにここだわりたいですね。
それに、ラベンダー色の髪の毛が可愛い!
職業も『アイドル』で馴染み深いので、ちょっと身近に感じませんか。
そうそう。
芸能人たちもクリーミィマミのコスプレを披露していたみたいなので、
そういう意味でもチャレンジしやすいかも。
第5位 初音ミク

ボーカロイド。
青緑の髪。青緑の目。良い色。
世界的に活躍されているミクさんなので、母も興味があるようです。
知っている情報はそれだけですが、独特の歌声を耳にする機会は増えました。
よく見てみると服はそんなに奇抜じゃない!
色もシックだし、
これ着て会社行けそう。
ただ長い長い髪はウイッグとはいえ取り扱い注意ですね。
そもそも
アニメ特有のカラフルな髪の毛って、なかなか、人間には似合いません。
同じ人間でも、日本人の金髪は似合う人と似合わない人がいるくらいですし。
だからこそ憧れるんですね。
第4位 不思議の国のアリス

水色のワンピースに白いエプロン。
その独特な世界観はハロウィンにもピッタリ!
チェシャ猫カラーであるピンクと紫色のワンピースなんかも売ってますよ。

母は事あるごとに、

このアリスのワンピースをぬいぐるみや孫に着せたがります。

色がいいんですよね。
原作の絵のタッチは、ちょっと・・・怖い気もするけど。

第3位 十二単

ジャパニーズプリンセス!

十二単。学生時代歴史の授業で習いましたね。

平安貴族の女性が着ていた着物です。
現代では皇室のイメージが強いですが、実は結婚式やレンタルで私たち一般人も着ることができるんですって 。

最近で言うと名探偵コナンの映画で主題歌を歌った倉木麻衣ちゃんが着用していました。
ミュージックステーションに出演した際、階段を降りることができなかったところを見ると、
やはり出歩くには、まったく適していなさそうです。
想像通りとでも言うべきか。
でも、
かぐや姫とかお雛様みたいで、可愛いんですよね。

第2位 メイド

コスプレの王道、メイドさん。
メイドさん可愛い!

20代前半の頃には秋葉原のメイド喫茶の面接を受けたくらい、興味津々です。
大きなリボンタイ、フリフリのエプロン、フワリと揺れるスカートはできれば膝丈で。
黒と白のベーシックカラーもいいけれど、ピンクも捨てがたい。
過度なばっちりメイクはメイド喫茶じゃなくてキャバクラになっちゃうので要注意。かな。

第1位 ロリィタ

コスプレの王道、ロリィタ。(ロリータ、ではないらしい。)

熟女も文句なしの可愛さです。

ーロリィタといっても色々種類があるようなので、
詳しくは『ピクシブ百科事典 ロリィタファッション』を参照してください。

この黒いのも可愛いけど、画像で検索していくと、クラシックロリィタというのがベージュやブランウンカラーが多くて好みでした。

この画像のお姉さんのようにきっちりメイクまで仕上げたいですね。

でもやっぱり無難がいいや

夢や希望をあげてみましたが、やっぱ初心者はもう少し無難なものから始めたい・・・
もう少しハードルを下げて考えてみました。

●安定と人気のディズニー
人の目も全く刺さらない、『THE 万人受け』。
文句なく可愛いのでコスプレ欲も満たしてくれます。
ミッキーミニーはもちろん、
ディズニープリンセスなんかは王道中の王道。
今年は断然『美女と野獣』のベルちゃんが熱いです!もちろん野獣でも。

●人気のミニオン
黄色いバナナみたいな生き物。
ミニオンのつけているゴーグルとサロペットなんかは簡単に準備できそうです。
失敗したら、もただの普段着ですが。
熟女にもサロペットを着て若返って貰いましょう。

●ウォーリーを探せ・楳図かずお
通販サイトなんかだと、結構見かけるのが
赤のボーダーシャツとメガネ姿の、ウォーリーのコスプレ。

だいぶコスプレ感は無くなってしまうけど・・・服としては普通に可愛い。
仲間とお揃いで・・・という楽しみ方もできます。
楳図かずおともお揃いなのが最大のポイント!

●キグルミ・被り物

これなら誰だかわからないもんね!

好きなコスプレでハロウィンを楽しもう

いかがでしょう。

挙げれば意外ときりのないコスプレへの憧れ。

これはもはや、人間の持つ変身願望という本能の仕業に違いありません。
ご近所さんの目が、

ママ友の目が何だってんだ!

誰に迷惑かけるでもない。

熟女だろうが、母親だろうが好きな格好すりゃいいんです。

だって、

ハロウィンだもの!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする