結婚相手の条件 ・・・はっきり言おう。顔もめちゃくちゃ重要だ!【体験談】

スポンサーリンク

結婚相手の条件

おはようございます。

近頃すっかりパピコにハマっているAOKAです。
う〜ん、滑らか〜。

さて。
すでに結婚、そして出産まで一連の大イベントをなんとか終えることができた私ですが、
いまさら、原点に立ち返って、
「結婚するならこんな人がいい!」
なんて事を考えています。
女子高生みたいで可愛いですね。

ねえねえ。
結婚相手の条件って、なんですか?

価値観が合う人、趣味が合う人、優しい人、包容力がある人・・・
できればカッコいい人がいいしぃ、
お金持ちに越したことはけれどぉ、
愛があれば、ぶっちゃけそんなの関係ないもんっ!

言ってたわ、本気で。(白目。)

そんな中、2017年3月に、マイナビウーマンがこんな統計を出しているのを見つけました。

中身を読んでいただくと分かるんですが、
既婚者を対象にしたアンケートで、
結婚相手に実は重要だった条件

実際は妥協しても問題なかった条件

というもの集計したものだそうです。

せっかくなので、その中身をちょっとだけ見て見ましょう。


『結婚してわかった重要だった条件』

①居心地の良さ 、②性格、③愛情、④金銭感覚、⑤年収

と挙げられています。

うんうん。

現実問題を考えると、ずっと一緒にいるわけだし、『①居心地』が悪かったらやってけないですね。
『②性格』というのも納得。
何と言っても、
離婚原因の第一位は『性格の不一致』ですから。
これは裁判所の統計にもしっかり数値化されています。
(参考:司法統計http://www1.mhlw.go.jp/toukei/rikon_8/repo12.html)

『③愛情』・・・なんだこれ?
当たり前じゃないの?
そりゃ、

今現在あるかないか?を聞かれた場合、AOKAは返答に困りますが、
少なくとも結婚を決意する段階ではありましたよ。アイジョウ。(再び白目。)
それから『④金銭感覚、⑤年収』に関しては、シビアですが、もっともな意見だと思います。
結婚は恋愛とは違うんですよね。
お金はとっても大事。
とくに子どもが生まれたなら、しっかり稼いで来てほしいというのが女の本音であります。
モチロン、女も働きに出る腹づもりはありますけど。

でも、
そうゆうことじゃなくて・・・ね?

ここまで見て来ました、
結婚してわかった重要だった条件。
どれも既婚者にとってはある程度納得できる内容だとは思うんですが・・・

おや?
アレがないぞ。
みんな、アレはどうなのよ?

アレっていうのは、あなたが想像している夜のアレのことでは無く。

いや、夜のアレも大事とは思うけど、今はその話じゃ無くてモゴモゴモゴ・・・


『妥協して問題なかった条件』

①顔、見た目、②学歴、③身長、④年齢、⑤住む場所

・・・。

をいをい。
マジか?
もう一回読んでみるよ。

『妥協して問題なかった条件』

①顔、見たm・・・

えええええええええ!?

本気で言ってるの?

問題無かったの?

本当にぃ?!

そう・・・

ならばここで私は、反感を覚悟であえて主張したい。

結婚するなら、
顔も見た目も、
めちゃくちゃ重要だぞコラー!

メンタルにも影響を及ぼす

なによなによなによっ。

『結婚してわかった重要だった条件』で、
金銭感覚とか年収なんて現実的な回答をしているくせに、
ここでいきなりいい子ぶっちゃってさ!

みんななんだかんだ言いつつ、

多少は顔も選んでるでしょ?
そこそこ好きな顔の人と結婚してるでしょ?
思い起こせば、

私の友人知人の旦那さんの中で、

「げ。こんな人?!」なんて人はいなかったもの。
みんなソコソコかっこいい人が多いもん。(好みはあれど。)

だって、
パートナーの顔って、めちゃくちゃ大事ですよ?
先に挙げた、

結婚してわかった重要だった条件の1位で、
『居心地の良さ』って言ってますよね?
だとしたら、一つ屋根の下、もしかすると一生見ることになる顔が、全く自分の好みでなかった場合、
それって居心地が良いって言えます?


いいえ。
言えません。
(きっぱり。)

蛇嫌いの人がわざわざ蛇を飼いません。
飼うとしたら、
それはよっぽど、その生理的嫌悪感を上回る何かがあるから。
それと同じです。(きっぱり。)

そう言えば、以前テレビで、元グラビアアイドルのMEGUMI(巨乳のね。)が言ってました。
旦那と喧嘩をしている最中でも、
顔を見ていたら「あぁ。良い男だなぁ、って思うんです。」って。※MEGUMIの旦那さんはDragon Ashのボーカル降谷建志。コワモテイケメン。

ほーら。

つまり、そうゆうことなんです。
メンタルにまでしっかり影響を及ぼすんですよ。

もしも彼が竹野内豊似だったら、
きっと今頃、子どもが15人くらいいるでしょう。
もしも彼がが高橋一生似だったら、
いつも一歩下がって、従順な妻だったでしょう。
オカズはあと2品多くテーブルに並び、子どもを寝かしつけながらうっかり寝落ちなんてしない事でしょう。

だって。

彼の顔が見たいから・・・

って、思った人手を挙げてー!

おっと。論点がズレて来ました。

イケメンである必要はない

誤解しないで欲しいのは、何も、
イケメンでなきゃいけないと言ってるわけでありません!(説得力無いですが。)

自分から見て好ましい顔を選ぶべきだと、私は言いたいのです。
私は遠藤憲一の顔も好きだし、ムロツヨシも好きです。何ならバナナマンの日村や小籔千豊も意外と好きですし(笑)
いや、かっこ笑いは失礼か。

ただ、第一印象でも何でも、この顔好きじゃないわー・・・
と感じているお相手とは、
万が一その後ご縁があったとしても、結婚はあまりお勧めしませんね。
愛着なんて湧きゃしませんて!

少しでいいので想像して見てください。
殴りたくなるほどの喧嘩をした時に、
相手の顔を見て怒りが増幅しないかどうか。
イライラしてる時に、
相手の顔を見て、その感情が決壊してしまわないか。

まとめ

女性は愛情深い生き物。
顔が好きじゃなくても、
仕事ができたりすると、素敵に見えて来ちゃう・・・
女性『あるある』ですよね。
いいんですよ、それは。

女性のサガなんで。
だけどね。

今一度言わせてください。

結婚するなら、顔も重要だ

ところでこの統計、
2017年3月22日〜23日の2日間で、
25歳から34歳の既婚女性415名を対象にしたものだそうです。
統計を出す上で根拠のある415名かも知れませんけど、
なぁーんだ。
たった415人の意見かぁ。
って気はしますね。

そんなお話でした。
おしまい。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする