どんぐり銀行で口座開設したら、とても誇らしい気持ちになったので共有します。

スポンサーリンク

どんぐり銀行

こんにちは。

洗濯機や布団、お風呂場まで、あらゆる場所からどんぐりを発見し、戸惑う人妻AOKAです。

昨日、噂の『どんぐり銀行』にて口座開設をして来ましたので、報告させていただきます。

【どんぐり銀行?なにそれ可愛い!】

・預けるのはお金じゃなくて、どんぐり。可愛い。

・103円でどんぐり通帳を発行して貰えるらしい。なにそれ可愛い。

・単位は『D(どんくり)』。一個ではなく、1どんぐり。やだ、可愛い。

・大きさは関係ないみたい。ただし割れていたり虫食いはダメ。

・100D溜まると、苗木1つと交換してくれるらしい。(年に一回)

・自分で植えない場合は、その苗木を寄付出来るらしい。

えー!
何だかそこはかとなく可愛いし、
面白そうだし、
何より子どもに良さそうです。
こりゃ、やってみる価値アリですね。

1.どんぐりの準備

まずは貯金する為にどんぐりを集めます。
我が家には既に200個以上のどんぐりが玄関で行き場を失っていました。

どんぐりは苗木として育ててくれるので

・割れたどんぐり
・穴の空いた虫食いどんぐり
・カビや黒く腐ったどんぐり

などはNGです。

水に浸して沈む物が良いどんぐり

だそうです。

実際に洗面器に入れたら、
いくつもプカプカ浮かんで来ました。

サヨナラしたどんぐりの例。

真ん中のどんぐりは分かりづらいですが、下の方が真っ黒。腐ってますね。

浮いてこなくても、ヒビや割れが大量にあるので、目視で選別しました。(なんせ2歳児が手当たり次第に集めたものなので。)

今回虫食いは一つもなかったのが奇跡!

選ばれしどんぐりたち。水洗いして乾かした物。とっても綺麗。

これから個数を数えて、袋に入れていきます。

これで100個…いや、100D。

意外と少なく見えますね。

袋がユニクロなのは気にしないで下さい。

全部で142Dありました。

数えたら、袋にD数を記載すること。

2.いざ、どんぐりを持って口座開設

準備ができたら、

『どんぐり銀行出張所』へどんぐりを持っていきます。

何それ、可愛い!そんなのどこにあるの?

検索すると全国の

・『どんぐり共和国』

・『どんぐりガーデン』

にあるようです。

あ、知ってる!

ジブリのキャラクターグッズが売ってるお店だ!


店員さんA「いらっしゃいませー!」

AOKA「(恥じらいながら)あ、すみません。どんぐり銀行にどんぐり預けたいんですけど…」

店員さんB「まあ!ありがとうございますー!」

AOKA「初めてなんですけど…(おもむろにどんぐり袋をカウンターに置く)」

店員さんB「はい。ありがとうございます!袋にちゃんと個数も書いてくださってるんですね!ありがとうございます!

では改めて少し説明を…(略)」

ここでHPなどに買いてあった説明を受け、その後、103円の手数料を支払い、手続きに入ます。

店員さんB「ではこちらに記入をお願いします↓↓↓」

一般的な、普通の受付用紙ですね。

ちゃんと口座番号もあります。

名前は子どもの名前にしました。

店員さんB「あ!メールアドレスの欄ですが、ほとんど何か送られてくると言う事はありませんが、

例えば、万が一どんぐり銀行を終了する…

なんて事があった場合、ご連絡してもよろしければ、ご記入下さい!」

AOKA「は、は〜い。」

おねーさん…

口座開設してる人間に、その例えはちょっと…

店員さんB「そうしましたら、今回のご入金が…(書き書き)」

AOKA「手書きなんすか?」

店員さんB「(苦笑)そうなんですー(書き書き)」

おっと。

うっかり、残念そうな声を出してしまったようです。失敗失敗。

で、コチラが通帳の中身。

やったー!完成ー!

何かその場で検品があるのかと思いきや、特に確認される事もなく、私が記載した個数をそのまま記入して下さいました。

数が多かったからですかね。

(持ってく時は数え間違いのないようにしたいですね。)

こうして晴れて私たち親子は無事、

どんぐり銀行の口座を開設する事が出来たのでした。

めでたしめでたし。

おわりに

たまにふと、地球の事が気になったりするタイプです。

エアコンの設定温度を気にしたり、レジ袋を断ってみたり。

その項目の中に『どんぐりを集めて寄付したり…』って、

何だかヨーロッパ人みたいでオシャレと思いませんか。

簡単だけど地球に優しいどんぐり銀行。

オススメです!

以上、どんぐり銀行
口座開設の報告でした。

おしまい。

『どんぐり銀行のしくみ』http://benelic.com/company/system.html

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする