ママ友怖い! いや、意外と良いよ。仲良くなるコツと現時点での見解【幼稚園入園前編】

スポンサーリンク

ママ友怖い!


こんにちは。

人当たりは良いけど、人付き合いは悪いAOKAです。

ねえねえ。
ママ友って、怖くないですか?
ママ友怖いですよね。

トイレに立つ間に悪口言うんですよね?
派閥があって、何処かに所属しないといけないんですよね?
生活レベルでランク付けされて、それぞれ違う対応されるんですよね?

あぁ。
なんて陰湿で恐ろしい社会なんでしょう。
そりゃ学生時代にも、
会社にも厄介な人はいましたけど、
それと比べても、
ママ友業界って、
何か…気持ち悪いな…暇なのかな…

だから私、最初は公園へ行くことすら避けてたんです。
「公園デビュー」なんて言葉があるくらいですからね。
それでも、
しばらくすると毎日外へ行きたがる子どもを誤魔化しきれず、
意を決して公園に通い始めたものの。
案の定二つの大きいグループが、
あっちとこっちで群れて陣取って、何やら座談会を開催してるんですね。
公園に入ったとたん、視線の矢で突き刺さること!
サングラス越しにこっち見ないで!

いやーん、やっぱり無理だー…

そー言えば。
離れて住む仲良しの友人が、以前、
ママ友十数人?で温泉旅行に出かけてたっけ…
すごーく楽しかった!って話してたけど…

マジなの?!

この状況から、どう、そうなるわけ?!
あの群れに飛び込んで、
「初めまして!旅行にでも行きませんか!」
って言えばいいの?

なーんてね。
マゴマゴしてる間にも
子どもは構わず、トコトコ楽しそうに歩いて行っちゃうわけです。

あぁ、早く帰りたいなぁ。
公園やだなー

やだなーやだなーやだなー…(エコー)

ーそれから約半年後の現在。

私の名前はAOKA。
今日はお引越ししちゃうお友だちのお家へ、
先週は別の親子2組とショッピングモールへ、
ママ友と仲良く楽しく過ごす、
そんな毎日を送っているの♪

ん?
あれ、いつの間に。
気がつくと、ママ友がいますね。

何だか公園に行くのが楽しみだわ…?

そんなわけで、

私が思う公園でのお友だちの作り方のツボを以下にまとめてみました。

とりあえず挨拶

公園に入る時と砂場はチャンス。
誰が来たのかな?と、先に遊んでる人間がついつい視線を向けてしまいますからね。
そう。
ほとんどの人は、別に視線の矢で射ろうとしてるわけではないんですよね。
だからなるべく顔を上げて!
特に砂場はチャンス!
自分と同じく、グループに所属していない親子がポツンとお砂遊びをしているので、砂場に入ると同時に挨拶をしましょう。
会釈だけでも、全然大丈夫。
気さくな人であればこの時点で向こうから話しかけて来てくれますよ。

小さなハプニングこそチャンス

ピンチこそチャンス!とはちょっと違いますが。
例えば、子どもって人の持ってる物が大好きで、自分のおもちゃそっちのけで触りに行ったりするんです。
最初は
「げっ、やめてよ〜」って思うんですけど、
コレってお友だちを作る最大のチャンスなんですよね。

「こらこら!それはお友だちのよ!」
「あ、いいんですよぉ。どうぞ、一緒に使いましょう〜」

砂場ではこんな会話がデフォルトなんですね。
このやり取りが出来たらこっちのもの。
後はどちらともなく、

「今どれくらいですか〜」
「暑いですね〜家でどう過ごしてます〜?」
なあんて会話から、自然と仲良くなれますよ。

あ。
勿論、最初のうちは当たり前のようにお友だちのオモチャを、好き勝手使ったりはしない方がいいとは思います。(笑)

順番待ちでお友だち

お砂場ほどたくさん話すことはないですが、ブランコや滑り台で遊ぶ時なんかもチャンスですね。
子どもは順番待ちがまだ出来ないので、

「ほら、お友だちが先だよ!」
「じゅんばんばんでしょー!」

なんてところから、会話に発展していきます。
もしも順番を譲って貰えたら、親子共々ありがとうを忘れずにね。

友好的かつ常識人であることを示す

考えてみれば、当たり前の事なんですよね。
挨拶できて、キチンとしてる人は、人が寄ってきます。
ただ、そこに子どもが関わってくると、
我が子可愛さに周りが見えなくなる事もあるので、気をつけなきゃいけません。

現に、

挨拶しないわ、子どものことなんて見ちゃいないわ、順番抜かししても黙って見てるわ…なママさんが一握りいることも残念ながら確か。

そんな時は、

そうゆう人もいるんだなぁ…

と、割り切って気にしないことです。

大事なのは公園で、子どもが楽しんでくれることですからね。

ママ友ができると楽しい!

ママ友ができてから、良いことが色々ありました。

・育児での悩みを相談できる

・気持ちを共有してくれる

・病院やお店のお得情報が入ってくる

・地元ママから、地元の情報が入ってくる

・幼稚園の見学とか、習い事の無料体験とか、一人で行くより心強い

・慣れてくれば子どもの話題以外で、普通に盛り上がれる

今なんかだとトイレトレーニングや、偏食、プレ幼稚園の話題なんかで、凄く盛り上がってますね。

あと、個人的に良かったことで、

駅前にいつも異様にガラの悪い学生がいるのですが、それがどこの学校の生徒なのか気になっていて…

地元ママに聞けば一発で解決しました。その学校にだけは通わせたくないな〜と思ったり(笑)

親しき仲にも子育て感の違いあり

例えば、

我が家ではお菓子は食べさせてるけど、ジュースは絶対与えない。
ジュースは飲ませるけど、ファーストフードのポテトは食べさせない。

え?それはいいのにそれはダメなの?

なんてことはお互いさま。

上の子が居れば、更に変わってきます。
それは良い悪いではなく、

環境や考え方の違いなので、勿論、口出しは厳禁です。

お菓子や、ジュースをあげる時は一声、ママに確認をとりましょう。

ちょっとそれとは違う話になりますが、
うちの子は卵アレルギーです。
それを知っては居たんだけれど、卵の入っているお菓子をうっかりあげちゃった!と仲の良いママに平謝りされたことがありました。
ウチはそこまで酷くないアレルギーだったので笑って許せますけど、
アナフィラキシーを起こすほどのアレルギーだった場合、笑い事じゃすみませんね。

そんな事を回避するためにも、油断は禁物です。

無理してまで友だち作りはしなくて良い

ここまで書いておいて…ですが、
「くだらないね。私はママ友とか作る気ないから。」
と言う方はそれでいいと思います。

私も最初はそっち派でした。

(一匹オオカミ憧れがあるので。)

幼稚園前の友だち作りなんて、半分は親である私たちの為の友だち作りだと思うんです。

だけど、同じ年頃の友だちがいれば、

子どもたちもそれなりに楽しそうにしているのも本当です。

ただ、無理して公園で友だち探しをしなくても、幼稚園とか習い事始めれば、何と無く似たような仲間が集まってきますからね。

大事なのは、

子どもも、自分も、精神的に苦痛じゃな く、楽しい方を選択すれば良いと思います。

まとめ

幼稚園に入る前、現時点での見解としては、

ママ友って、楽しいよ!

という事をここに記したいと思います。

ネットやテレビでよく見る怖い情報は話半分で聞いておいた方がいいですよ。

あーゆうのって、結局、怖い思いした人だけが書き込んでるんですから。

確かに変な人もいるけど、

良い人の方が圧倒的に多いです。

ただし。

すでに出来上がってるグループに入ろうとするなら、

また違うと思いますけどね。

ご存知のように、

女って群れてると違う生き物になりますから。

また、プレ幼稚園に入ってからなど、ママ友感については継続的ブログに記したいと思います。

きっとその時その時で状況も変わってると思うので。

そんな話でした。

おしまい。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする